このワークショップは、子どもがいじめ、虐待・誘拐・痴漢・性暴力などの様々な暴力から自分を守るための教育プログラムです。

暴力を受けそうになったとき、イヤだと言ったり、逃げてもいいこと、簡単な護身術も教えます。そして自分を大切にし、友達と助け合い、信頼できるおとなに相談することが出来るようになります。これらのことを子ども達に一方的に説明するのではなく、寸劇や話し合いをしながら、子ども自身の力でいろいろな対処が出来ることを教えていきます。

就学前

3歳以上向け

30分X3回 15人まで
小学校 低学年向け 90分 1クラス 又は    40人まで
高学年向け

中学生向け

100分X2回

   

●おとなの為のワークショップ
●教員の為のワークショップ

 

子どもワークショップの実施に伴い、事前に保護者や教職員を対象としたおとなワークショップを開きます。平和で暴力の無い社会を作るために何が出来るか、教職員、保護者、地域のおとなが集い、子どもをどうサポートしたらいいか、学校、家庭、地域の協力を取り戻していくきっかけになります。

  

            ★なぜ子どもには暴力の被害を受けやすいのか?

            ★虐待や体罰について

            ★どうしたら被害を防ぐ事が出来るのか?

            ★おとなに出来る事

            ★子どもワークショップの紹介

                              

                                 等についてお話します

 



子どもの権利を守るため
子どもを孤立させないため
子どもを援助する為に何が出来るか
どうしたら子どもの悩みを
真剣に受けとめる事が出来るか
一緒に考えていきましょう